0

キリスト教式でペット火葬をしたいなら

仏式ではなくキリスト教式でペットとのお別れをしたいなら

ペット火葬やペット葬のスタイルは特別の決まりがあるわけではありません。
もっとも、多くの業者で人間の葬儀の流れや儀式に則った形でのサービスを提供しています。
ペット葬が生まれた背景が、ペットが番犬や家畜、愛玩動物といった位置づけから昇華し、人間の家族と同じポジションとして生活をするようになり、愛されるようになっているからです。
外に犬小屋があるご家庭は今やほとんどなく、室内のふかふかなベッドやソファの上でご主人やご家族と一緒に暮らし、お散歩の際は暑さや寒さ、雨を防ぐ服やレインコートをまとっての生活です。
そんな中で生まれたペット葬サービスですので、人の葬儀とほぼ同じような祭壇などが用意され、儀式も行われます。
日本は仏教式での葬儀が多いため、ペット葬においても住職による読経やご家族による焼香などが行われる形式が一般的になっています。
もちろん、神道やキリスト教を信仰されている方はペットだけを仏式で弔うというのは抵抗があるかもしれません。
そうした場合には住職による読経が含まれていないプランを選ぶか、業者に相談して神道やキリスト教スタイルでの葬儀をお願いしましょう。
例えば、キリスト教式なら祭壇を白のバラやユリなどで飾り、焼香の代わりに献花をするお花を用意してもらうといった方法が採れます。
本格的なミサやレクイエムをしたい場合は、利用している教会の牧師さんに来ていただけるか相談するか、葬儀社の方に同じ宗派の牧師さんの手配をお願いすることも可能です。

http://www.petsougi.jp/

ペット霊園の利用

ペット葬が終わり、ご遺骨を骨壺に納めてから、しばらくはご自宅で毎日の祈りをささげて弔いをされる方が少なくありません。
もっとも、ずっと骨壺を自宅に置いておくことに抵抗がある方や、人間と同じようにお墓に納めたいと考える方も多いことでしょう。
その際には1つの方法としてペット霊園の利用が考えられます。
お寺に付属したペット霊園は仏教的なスタイルが気になるかもしれませんが、宗教や宗派を問わないペット霊園もありますので、キリスト教の方も安心して利用ができます。
ペット葬を依頼した業者や専門の業者に相談すれば、ご自宅からお墓参りに行きやすいエリアなどに霊園や墓地の紹介もしてもらえます。
敷地や区画を、永代使用料を払う場合や購入したうえで、墓石も各自の希望に合わせて製作して設置をしてもらえます。
墓石はさまざまなデザインから選べるほか、オリジナルの形をオーダーメイドで製作してくれる業者もあります。
キリスト教のお墓で多いタイプの墓碑スタイルにすることや、クリスタル調の墓石や犬や猫の形をかたどった墓石などにもできます。

家族と同じ霊園に

ペットの埋葬場所は特に決まっているわけではないので、ペット専用の霊園に限らず、ご家族と同じ霊園のお墓に納骨することも可能です。
その際に墓石や墓碑をペット専用のものをオーダーされる方もおり、墓地の敷地の空きスペースなどに人間とは別の墓標を用意される方も少なくありません。
一方、最近は人間の間ではお墓参りの負担やお墓の管理負担を減らすために、雨の日も気軽に参拝できる納骨堂などを利用する方も増えています。
ペットにおいてもペット専用の室内納骨堂などがありますので、どのタイプで弔いをしたいか、費用面や今後の弔いのスタイルも踏まえながら検討しましょう。

ペンダントやストラップでいつも一緒に

納骨をする際には手元から離れてしまうようで、悲しい、辛いといったお気持ちをお持ちになる方もいらっしゃいます。
ペットのメモリアルサービスの中には、遺骨の一部をペンダントや携帯ストラップの中に入れ、日々持ち歩けるようにしてくれるサービスもあるので、納骨前に検討しましょう。

0

人のように決まりはないのでよく考えて選択してください

人のように決まりはありません

人が亡くなったときは火葬をし、お墓や寺院などに納骨をする流れになります。
しかしペットが亡くなったときは明確な決まりがないので、飼い主がどうするか考えなくてはいけません。
小さいペットであれば庭に埋めるケースもありますが、ある程度大きさがあると難しいです。
ペットを埋めたところに虫がわいたり、掘り起こされたりするなどトラブルが起こるかもしれません。
大切なペットのためにも、ペット火葬されることをおすすめします。
ペット火葬を行っている霊園やペット火葬業者などがあるので声をかけ、火葬してもらってください。
お骨は一旦自宅で保管し、気持ちが整理できたところで納骨を考える方が多いです。
人と同じように四十九日、もしくは百日といった区切りがよいところで納骨される方もいらっしゃいます。
必ずしも納骨しなくてはいけないという決まりはないので、ゆっくり考えても良いです。
納骨する際は、ペット火葬業者が設けているスペースや寺院などに持っていきます。
寺院が遠い場合はペット火葬業者に預けるなど、通える場所にされるケースもあります。
一旦火葬業者に預けて、寺院に後々納骨するという流れでも問題ありません。
飼い主さまやご家族さまによって良い方法、納得がいく方法を考えて選択すれば良いです。

ペット霊園もさまざまです

ペットが亡くなられた後、お骨をペット霊園に納骨することができます。
ペット霊園もさまざまな形があるので、良いと思った方法を選択してください。
人と一緒に入れるお墓もあり、先にペットのお骨を納骨して後々はご自身やご家族が入られるというケースもあります。
少し大きめのお墓を用意し、家族皆で過ごせるようにと考え準備される方も増えてきました。
人と一緒に入ることができるお墓が良い、大きめのお墓を用意してもらえるかと確認し手配する必要があります。
ペットのみが入れるお墓もありますが、複数のペットと一緒に合同で入ることも可能です。
比較的費用が安いので利用されるケースが多く、また多くの霊園で設置されているので便利です。
個別に入れるお墓もあり、人と同じようにスペースが区切られており個別のスペースをもらうこともできます。
費用はその霊園によって、またお墓の大きさによってもまちまちです。
ペットを複数飼われている方もいますが、将来的にペット皆一緒に入れてあげたいなど希望に合わせて適した形を選んでください。

ご自宅の庭に納骨する

ペット火葬をした後、霊園やペット火葬業者に預けるのではなくお庭に納骨する方法もあります。
骨壷に入れて埋める、お骨をパウダー状にして納骨するなどさまざまな方法があります。
ご家庭によってお庭の環境も異なるので、ベストな方法を選択してください。
お骨を埋めたところに樹木やお花などを植えて、供養することもできます。
ペットは亡くなってしまったけれども、樹木やお花を育てようと気持ちを切り替えるためのツールにされるケースもあります。

ペット火葬後の埋葬方法はさまざまです

ペット火葬後に霊園や寺院にお骨を納骨する、自宅で保管する、自宅のお庭に埋めるのが一般的になってきました。
その他お骨を海に散骨する、山林に散骨する、空中で散骨するという方法もあります。
ペットを納骨した後、定期的にお参りにいくなど面倒を見ることができれば良いですが、事情があり難しい方もいらっしゃいます。
後のことを考えて手間がかからないように、海や山林や空中など自然に還すという方法もあるので覚えておいてください。
ペット火葬業者によって対応している埋葬方法が違いますので、希望する埋葬方法があるか確認の上で依頼されることをおすすめします。