0

人のお葬式との違いや驚くほど重なるところ

人の葬儀と驚くほど似ている流れやサービス

長く一緒に暮らしてきたペットが亡くなり、初めてのペット火葬やペット葬という方は、いったいどのようなサービスやシステムなのかと興味津々の方も、不安になる方もいらっしゃるかもしれません。
また、かつてならペットが死んだらそのままお庭に埋めるというのが一般的な時代もあったので、ペット葬などのサービスが生まれた今の時代に初めて利用するという方にとっても、どんなサービスなのかと心配になることでしょう。
一言でいうと、人の葬儀と驚くほど似通ったサービスを提供してくれます。
喪主をご経験された方や、ご家族や近しい親族の方の葬儀を出した経験がある方なら、そこまでしてくれるのかと驚かれるかもしれません。
もともと、ペットが家族の一員としてのステータスを確立し、ペットも人間も同じ感覚で暮らす方が多くなったために生まれたサービスですので、人の場合と同じような葬儀システムやサービスが用意されているのは、至極自然といえるのです。

24時間365日対応のスピーディーなサービス

人が利用する葬儀社と同様、ペットが亡くなった際の連絡や相談も24時間365日対応で受け付けている業者も多数あります。
人の場合、病院の霊安室から直ぐに出ないといけないといった事情がある場合や、通夜や告別式の日程を決めるためにも早く相談したいという方も多く、真夜中でも早朝でも、いつ亡くなるか分からない事態に備えて年中無休で対応してくれています。
ペットの場合も人間と同様、死後硬直や腐敗が進んでいくため、早めの対応が不可欠といえますし、飼い主やご家族のご事情で明日しか予定が空いておらず、早く火葬や葬儀を予約したいといったご家庭もあることでしょう。
スケジュールの問題は人が亡くなった場合より深刻で、家族や親族が亡くなった場合には忌引の休暇がとれても、ペットが亡くなった場合にはお子さまは学校を休めない、お仕事されている方は必ずしも有給休暇を取得できないので、土日や祝日などの機会に明日にでも行いたいという方もいます。
そんなニーズがある方や、スケジュールが詰まっている方、ペット葬のためにお休みをとるのが難しい方には24時間365日対応で相談に乗ってくれ、スピーディーにサービスを提供してくれる業者は助かります。

葬儀の様式や流れもそっくり

業者や選んだプランによっても異なりますが、人の葬儀と様式や流れも瓜二つのプランも用意されています。
ご家庭で枕飾りなどを飾って最後のお別れをした後、ペット葬業者のホールやペット寺院などに場所を移して祭壇を設け、スタッフの司会や進行のもとで住職による読経やご家族による焼香を行い、棺にお花などを入れて火葬へと進みます。
火葬後はお骨拾いの儀なども行われ、丁寧に骨壺へと納められます。
業者の中には人向けのセレモニーホール並みの広くて、美しく整ったホールなどを用意しているところもあるほどで、心ゆくまで納得のお見送りが可能です。

人の葬儀との違い

人の葬儀との違いといえば、人が亡くなった場合は役所に死亡届を出し、火葬許可証を得て公営の火葬場を予約して火葬を行う必要があります。
地域の火葬場は数も限られるため、友引前後の日や寒い時期など亡くなる方が多くなる時期には混雑してなかなか予約がとれず、遺体の安置に手間や費用がかかってしまうケースもあります。
これに対して、ペットの場合は犬の登録抹消を除けば、火葬にあたっての届け出や許可を得る必要はないので、業者で予約がとれれば、いつでもスムーズに行うことができます。
また、公営の火葬場ではなく、業者が用意した火葬炉を使うことになっており、中には火葬炉搭載の車両による出張サービスを提供している業者もある点が、人間の火葬とは異なっています。

0

ペット寺院を利用する際の心得や利用時に知っておきたいこと

ペット寺院を利用する際に知っておきたいこと

ペット火葬やペット葬を提供している業者の中には、ペット寺院もあります。
ペット寺院といっても、ペットのために新たに誕生した寺院の割合は少なく、地域での歴史や信頼もある人間の墓地などもある寺院がペット向けのサービスを提供するスタイルが少なくありません。
そのため、運営母体となっている寺院は〇〇宗の寺院、△△宗××派の寺院などとなっており、ペット火葬やペット葬に際して住職が行ってくれる読経も宗派ごとに異なるものが行われます。
ペット寺院では利用する方の宗派は問わないのが基本ですから、宗派を問わず利用できますが、もし、ご家族と同じ宗派がいいということであれば、事前に菩提寺にペット葬が可能かを確認することや、同じ宗派のペット寺院があるか探してみましょう。
なお、一般的なお寺ではペットを火葬できる火葬炉がないため、菩提寺で引き受けてくれる場合はペット葬はできても、火葬は別のところで行う必要が生じますから気をつけましょう。

戒名とお布施

ペットにも戒名をつけてもらうことができ、ペット寺院を利用する場合にはプランにコミコミや、オプションサービスとして戒名を付けるサービスがあります。
があります。
戒名を付けるとなると、人の場合にはお布施を渡すことになり、古くからの慣習として金額はお気持ちで決まっておらず、地域の相場やお寺の相場をもとに勘案してお渡しするのが一般的です。
ですが、ペット葬で戒名をつけてもらう場合には、ペット寺院の場合でも具体的に明確な料金を提示しているのが基本です。
そのため、お気持ちでいくら払ったらいいのかと悩むことや、高い費用を払わざるを得ないと不安になることなく、提示された料金を払えばいいだけです。
現金の手渡しでも問題なく、中にはクレジットカードが利用できるケースもあります。
お布施と記した半紙に包むことや、封筒に入れなくても失礼にはあたりませんので、寺院だからとかしこまらず、安心して利用しましょう。

料金以外の費用は必要か

ペット寺院を使う際にはお布施についても悩むところですが、やはり、こうしたかしこまったセレモニーの儀式は気を遣うことも多いものです。
ペット葬は初めてという方も利用するにあたって情報を収集し、実際に利用してみると、人の葬儀の場合と流れや様式なども重なるので、人の場合と同じようにしなくてはいけないのかなと考えすぎてしまう方もいます。
ですが、基本的にはサービス内容や提示された料金に納得して申し込んでおり、その金額だけを支払えば、滞りなく満足のいくサービスを提供してもらえます。
そのため、火葬場や送迎ドライバーなどにチップを支払うことや、利用料などとは別にお世話になるお寺や住職にお布施などを用意する必要はありません。
業者も受け取らない決まりになっているところもありますし、後はお気持ちの問題です。
とてもお世話になったからとか、供養の気持ちで心づけをされてもいいですし、料金だけ支払えば問題ありません。

火葬や葬儀後のこと

ペット火葬やペット葬のプランによっては合同納骨堂や永代供養塔などへの納骨までがセットされているプランもありますが、ペット火葬やペット葬が終わってご遺骨となった場合、そのあとのことはご遺族の判断や希望にお任せとなります。
納骨堂を利用したい、ペット霊園を利用したい、お墓を立てたいという場合や、仏壇を購入して骨壺を安置したいといった場合には、別途、利用の申し込みやお墓探しや仏壇の購入などを行うことになります。
火葬や葬儀をした後にも費用が必要になる場合や、情報収集やサービス内容の比較、選択などをする必要が生じますから、火葬後のこと含めて考えるといいでしょう。

0

ペット火葬やペット葬で準備したいもの

ペット火葬とは

ペット火葬はペットをご遺骨にするために、専用の火葬炉などを用いて火葬を行ってくれるサービスです。
人が亡くなった際に用いる市町村などの公営の火葬場とは異なり、ペット用の火葬炉をペット火葬やペット葬を提供する業者やペット専用寺院が用意しています。
中には火葬炉を車に搭載して出張火葬サービスを提供している業者もあります。
ペット火葬では火葬前にご家族でお別れの時間を設け、オプションやプランによって住職による読経を行ったうえで火葬に付します。
その後、ご家族によるお骨拾いなどの儀を経て、骨壺へと納められます。
祭壇を設けてのペット葬とは異なり、基本は火葬を主体にし火葬前のお別れの儀式や火葬後の納骨の儀式や手続きがセットになったサービスです。

ペット火葬で用意したいもの

ペット火葬を行う際に用意したおきたいものとして、棺に納めるもの、一緒に火葬を行いたいもの、火葬の際に掲げておくお写真、お花などを用意しましょう。
人の場合と同様に火葬の際に寂しくないようにとお花やペットフードなどの鉱物、いつも使っていたタオルや毛布、身に着けていたお洋服などを一緒に入れて火葬することも可能です。
ただし、こちらも人の場合と同様で燃えにくい貴金属や、燃やすことで有害な物質などが発生するものは一緒に燃やせません。
また、ハムスターなどの小動物や生まれて間もない子猫などの場合、骨が大変もろく、火の温度を最大限調整しても遺骨ではなく、灰のレベルまで燃えてしまうことがあります。
そのため、遺骨が残らない可能性がある場合には、あまり余計な物は入れずに、少しでもお骨と分かる状態に火葬できるようにするといいでしょう。

ペット葬とは

これに対してペット葬は火葬に加えて、祭壇を用意して人間でいうところの通夜や告別式を行う、お別れの会を行ってから火葬を行うもので、選んだプランの料金やグレードに合わせた祭壇がご自宅または火葬を行う施設やペット葬業者のホールなどに用意され、より人のお葬式に近い形でセレモニーを行うスタイルになります。

ペット葬で用意したいもの

ペット葬の場合は火葬時に棺に納め、一緒に火葬してもらうものだけではなく、祭壇に供えるものも用意しましょう。
祭壇に飾るお花はプランの中で用意されますが、そのほかにスタンド花をプラスしたい、ブーケやバスケット花などを備えることもできます。
写真に関してはプランの内容として、ペットの画像データから遺影を作成してもらえるので写真またはデータを用意します。
なお、プランに遺影が入っていない場合は、額などに入れた写真も用意しましょう。
祭壇に供えるロウソクや線香、焼香台などの仏具も、通常は祭壇にセットで業者が用意してくれます。
一方、ご家族はペットの好物などを祭壇に供える供物として用意しましょう。
よく食べていたペットフードや好きだったお菓子や飲み物をはじめ、中にはペットが食べたことがなくても、人の場合の祭壇と同じで果物や、菊型の砂糖菓子などを用意される方もいます。

料金の払い方

ペット火葬にしてもペット葬にしても、料金を支払う用意は欠かせません。
料金を支払いはその場で現金または、業者によってはクレジットカードでの支払いにも対応しています。
ペット寺院を利用する場合にはお布施がいるのか迷うところですが、人の場合と異なり、お気持ち払いといった形ではなく、予め決められた料金プランを利用しますので、戒名をつけていただくなどのオプションサービスを利用した際も、オプション料を支払えば問題ありません。
お布施用の封筒などを用意せず、そのまま支払っても失礼にはあたりませんが、後は気持ちの問題で渡し方などを工夫しましょう。

0

キリスト教式でペット火葬をしたいなら

仏式ではなくキリスト教式でペットとのお別れをしたいなら

ペット火葬やペット葬のスタイルは特別の決まりがあるわけではありません。
もっとも、多くの業者で人間の葬儀の流れや儀式に則った形でのサービスを提供しています。
ペット葬が生まれた背景が、ペットが番犬や家畜、愛玩動物といった位置づけから昇華し、人間の家族と同じポジションとして生活をするようになり、愛されるようになっているからです。
外に犬小屋があるご家庭は今やほとんどなく、室内のふかふかなベッドやソファの上でご主人やご家族と一緒に暮らし、お散歩の際は暑さや寒さ、雨を防ぐ服やレインコートをまとっての生活です。
そんな中で生まれたペット葬サービスですので、人の葬儀とほぼ同じような祭壇などが用意され、儀式も行われます。
日本は仏教式での葬儀が多いため、ペット葬においても住職による読経やご家族による焼香などが行われる形式が一般的になっています。
もちろん、神道やキリスト教を信仰されている方はペットだけを仏式で弔うというのは抵抗があるかもしれません。
そうした場合には住職による読経が含まれていないプランを選ぶか、業者に相談して神道やキリスト教スタイルでの葬儀をお願いしましょう。
例えば、キリスト教式なら祭壇を白のバラやユリなどで飾り、焼香の代わりに献花をするお花を用意してもらうといった方法が採れます。
本格的なミサやレクイエムをしたい場合は、利用している教会の牧師さんに来ていただけるか相談するか、葬儀社の方に同じ宗派の牧師さんの手配をお願いすることも可能です。

http://www.petsougi.jp/

ペット霊園の利用

ペット葬が終わり、ご遺骨を骨壺に納めてから、しばらくはご自宅で毎日の祈りをささげて弔いをされる方が少なくありません。
もっとも、ずっと骨壺を自宅に置いておくことに抵抗がある方や、人間と同じようにお墓に納めたいと考える方も多いことでしょう。
その際には1つの方法としてペット霊園の利用が考えられます。
お寺に付属したペット霊園は仏教的なスタイルが気になるかもしれませんが、宗教や宗派を問わないペット霊園もありますので、キリスト教の方も安心して利用ができます。
ペット葬を依頼した業者や専門の業者に相談すれば、ご自宅からお墓参りに行きやすいエリアなどに霊園や墓地の紹介もしてもらえます。
敷地や区画を、永代使用料を払う場合や購入したうえで、墓石も各自の希望に合わせて製作して設置をしてもらえます。
墓石はさまざまなデザインから選べるほか、オリジナルの形をオーダーメイドで製作してくれる業者もあります。
キリスト教のお墓で多いタイプの墓碑スタイルにすることや、クリスタル調の墓石や犬や猫の形をかたどった墓石などにもできます。

家族と同じ霊園に

ペットの埋葬場所は特に決まっているわけではないので、ペット専用の霊園に限らず、ご家族と同じ霊園のお墓に納骨することも可能です。
その際に墓石や墓碑をペット専用のものをオーダーされる方もおり、墓地の敷地の空きスペースなどに人間とは別の墓標を用意される方も少なくありません。
一方、最近は人間の間ではお墓参りの負担やお墓の管理負担を減らすために、雨の日も気軽に参拝できる納骨堂などを利用する方も増えています。
ペットにおいてもペット専用の室内納骨堂などがありますので、どのタイプで弔いをしたいか、費用面や今後の弔いのスタイルも踏まえながら検討しましょう。

ペンダントやストラップでいつも一緒に

納骨をする際には手元から離れてしまうようで、悲しい、辛いといったお気持ちをお持ちになる方もいらっしゃいます。
ペットのメモリアルサービスの中には、遺骨の一部をペンダントや携帯ストラップの中に入れ、日々持ち歩けるようにしてくれるサービスもあるので、納骨前に検討しましょう。

0

人のように決まりはないのでよく考えて選択してください

人のように決まりはありません

人が亡くなったときは火葬をし、お墓や寺院などに納骨をする流れになります。
しかしペットが亡くなったときは明確な決まりがないので、飼い主がどうするか考えなくてはいけません。
小さいペットであれば庭に埋めるケースもありますが、ある程度大きさがあると難しいです。
ペットを埋めたところに虫がわいたり、掘り起こされたりするなどトラブルが起こるかもしれません。
大切なペットのためにも、ペット火葬されることをおすすめします。
ペット火葬を行っている霊園やペット火葬業者などがあるので声をかけ、火葬してもらってください。
お骨は一旦自宅で保管し、気持ちが整理できたところで納骨を考える方が多いです。
人と同じように四十九日、もしくは百日といった区切りがよいところで納骨される方もいらっしゃいます。
必ずしも納骨しなくてはいけないという決まりはないので、ゆっくり考えても良いです。
納骨する際は、ペット火葬業者が設けているスペースや寺院などに持っていきます。
寺院が遠い場合はペット火葬業者に預けるなど、通える場所にされるケースもあります。
一旦火葬業者に預けて、寺院に後々納骨するという流れでも問題ありません。
飼い主さまやご家族さまによって良い方法、納得がいく方法を考えて選択すれば良いです。

ペット霊園もさまざまです

ペットが亡くなられた後、お骨をペット霊園に納骨することができます。
ペット霊園もさまざまな形があるので、良いと思った方法を選択してください。
人と一緒に入れるお墓もあり、先にペットのお骨を納骨して後々はご自身やご家族が入られるというケースもあります。
少し大きめのお墓を用意し、家族皆で過ごせるようにと考え準備される方も増えてきました。
人と一緒に入ることができるお墓が良い、大きめのお墓を用意してもらえるかと確認し手配する必要があります。
ペットのみが入れるお墓もありますが、複数のペットと一緒に合同で入ることも可能です。
比較的費用が安いので利用されるケースが多く、また多くの霊園で設置されているので便利です。
個別に入れるお墓もあり、人と同じようにスペースが区切られており個別のスペースをもらうこともできます。
費用はその霊園によって、またお墓の大きさによってもまちまちです。
ペットを複数飼われている方もいますが、将来的にペット皆一緒に入れてあげたいなど希望に合わせて適した形を選んでください。

ご自宅の庭に納骨する

ペット火葬をした後、霊園やペット火葬業者に預けるのではなくお庭に納骨する方法もあります。
骨壷に入れて埋める、お骨をパウダー状にして納骨するなどさまざまな方法があります。
ご家庭によってお庭の環境も異なるので、ベストな方法を選択してください。
お骨を埋めたところに樹木やお花などを植えて、供養することもできます。
ペットは亡くなってしまったけれども、樹木やお花を育てようと気持ちを切り替えるためのツールにされるケースもあります。

ペット火葬後の埋葬方法はさまざまです

ペット火葬後に霊園や寺院にお骨を納骨する、自宅で保管する、自宅のお庭に埋めるのが一般的になってきました。
その他お骨を海に散骨する、山林に散骨する、空中で散骨するという方法もあります。
ペットを納骨した後、定期的にお参りにいくなど面倒を見ることができれば良いですが、事情があり難しい方もいらっしゃいます。
後のことを考えて手間がかからないように、海や山林や空中など自然に還すという方法もあるので覚えておいてください。
ペット火葬業者によって対応している埋葬方法が違いますので、希望する埋葬方法があるか確認の上で依頼されることをおすすめします。