人のお葬式との違いや驚くほど重なるところ

人の葬儀と驚くほど似ている流れやサービス

長く一緒に暮らしてきたペットが亡くなり、初めてのペット火葬やペット葬という方は、いったいどのようなサービスやシステムなのかと興味津々の方も、不安になる方もいらっしゃるかもしれません。
また、かつてならペットが死んだらそのままお庭に埋めるというのが一般的な時代もあったので、ペット葬などのサービスが生まれた今の時代に初めて利用するという方にとっても、どんなサービスなのかと心配になることでしょう。
一言でいうと、人の葬儀と驚くほど似通ったサービスを提供してくれます。
喪主をご経験された方や、ご家族や近しい親族の方の葬儀を出した経験がある方なら、そこまでしてくれるのかと驚かれるかもしれません。
もともと、ペットが家族の一員としてのステータスを確立し、ペットも人間も同じ感覚で暮らす方が多くなったために生まれたサービスですので、人の場合と同じような葬儀システムやサービスが用意されているのは、至極自然といえるのです。

24時間365日対応のスピーディーなサービス

人が利用する葬儀社と同様、ペットが亡くなった際の連絡や相談も24時間365日対応で受け付けている業者も多数あります。
人の場合、病院の霊安室から直ぐに出ないといけないといった事情がある場合や、通夜や告別式の日程を決めるためにも早く相談したいという方も多く、真夜中でも早朝でも、いつ亡くなるか分からない事態に備えて年中無休で対応してくれています。
ペットの場合も人間と同様、死後硬直や腐敗が進んでいくため、早めの対応が不可欠といえますし、飼い主やご家族のご事情で明日しか予定が空いておらず、早く火葬や葬儀を予約したいといったご家庭もあることでしょう。
スケジュールの問題は人が亡くなった場合より深刻で、家族や親族が亡くなった場合には忌引の休暇がとれても、ペットが亡くなった場合にはお子さまは学校を休めない、お仕事されている方は必ずしも有給休暇を取得できないので、土日や祝日などの機会に明日にでも行いたいという方もいます。
そんなニーズがある方や、スケジュールが詰まっている方、ペット葬のためにお休みをとるのが難しい方には24時間365日対応で相談に乗ってくれ、スピーディーにサービスを提供してくれる業者は助かります。

葬儀の様式や流れもそっくり

業者や選んだプランによっても異なりますが、人の葬儀と様式や流れも瓜二つのプランも用意されています。
ご家庭で枕飾りなどを飾って最後のお別れをした後、ペット葬業者のホールやペット寺院などに場所を移して祭壇を設け、スタッフの司会や進行のもとで住職による読経やご家族による焼香を行い、棺にお花などを入れて火葬へと進みます。
火葬後はお骨拾いの儀なども行われ、丁寧に骨壺へと納められます。
業者の中には人向けのセレモニーホール並みの広くて、美しく整ったホールなどを用意しているところもあるほどで、心ゆくまで納得のお見送りが可能です。

人の葬儀との違い

人の葬儀との違いといえば、人が亡くなった場合は役所に死亡届を出し、火葬許可証を得て公営の火葬場を予約して火葬を行う必要があります。
地域の火葬場は数も限られるため、友引前後の日や寒い時期など亡くなる方が多くなる時期には混雑してなかなか予約がとれず、遺体の安置に手間や費用がかかってしまうケースもあります。
これに対して、ペットの場合は犬の登録抹消を除けば、火葬にあたっての届け出や許可を得る必要はないので、業者で予約がとれれば、いつでもスムーズに行うことができます。
また、公営の火葬場ではなく、業者が用意した火葬炉を使うことになっており、中には火葬炉搭載の車両による出張サービスを提供している業者もある点が、人間の火葬とは異なっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA