人のように決まりはないのでよく考えて選択してください

人のように決まりはありません

人が亡くなったときは火葬をし、お墓や寺院などに納骨をする流れになります。
しかしペットが亡くなったときは明確な決まりがないので、飼い主がどうするか考えなくてはいけません。
小さいペットであれば庭に埋めるケースもありますが、ある程度大きさがあると難しいです。
ペットを埋めたところに虫がわいたり、掘り起こされたりするなどトラブルが起こるかもしれません。
大切なペットのためにも、ペット火葬されることをおすすめします。
ペット火葬を行っている霊園やペット火葬業者などがあるので声をかけ、火葬してもらってください。
お骨は一旦自宅で保管し、気持ちが整理できたところで納骨を考える方が多いです。
人と同じように四十九日、もしくは百日といった区切りがよいところで納骨される方もいらっしゃいます。
必ずしも納骨しなくてはいけないという決まりはないので、ゆっくり考えても良いです。
納骨する際は、ペット火葬業者が設けているスペースや寺院などに持っていきます。
寺院が遠い場合はペット火葬業者に預けるなど、通える場所にされるケースもあります。
一旦火葬業者に預けて、寺院に後々納骨するという流れでも問題ありません。
飼い主さまやご家族さまによって良い方法、納得がいく方法を考えて選択すれば良いです。

ペット霊園もさまざまです

ペットが亡くなられた後、お骨をペット霊園に納骨することができます。
ペット霊園もさまざまな形があるので、良いと思った方法を選択してください。
人と一緒に入れるお墓もあり、先にペットのお骨を納骨して後々はご自身やご家族が入られるというケースもあります。
少し大きめのお墓を用意し、家族皆で過ごせるようにと考え準備される方も増えてきました。
人と一緒に入ることができるお墓が良い、大きめのお墓を用意してもらえるかと確認し手配する必要があります。
ペットのみが入れるお墓もありますが、複数のペットと一緒に合同で入ることも可能です。
比較的費用が安いので利用されるケースが多く、また多くの霊園で設置されているので便利です。
個別に入れるお墓もあり、人と同じようにスペースが区切られており個別のスペースをもらうこともできます。
費用はその霊園によって、またお墓の大きさによってもまちまちです。
ペットを複数飼われている方もいますが、将来的にペット皆一緒に入れてあげたいなど希望に合わせて適した形を選んでください。

ご自宅の庭に納骨する

ペット火葬をした後、霊園やペット火葬業者に預けるのではなくお庭に納骨する方法もあります。
骨壷に入れて埋める、お骨をパウダー状にして納骨するなどさまざまな方法があります。
ご家庭によってお庭の環境も異なるので、ベストな方法を選択してください。
お骨を埋めたところに樹木やお花などを植えて、供養することもできます。
ペットは亡くなってしまったけれども、樹木やお花を育てようと気持ちを切り替えるためのツールにされるケースもあります。

ペット火葬後の埋葬方法はさまざまです

ペット火葬後に霊園や寺院にお骨を納骨する、自宅で保管する、自宅のお庭に埋めるのが一般的になってきました。
その他お骨を海に散骨する、山林に散骨する、空中で散骨するという方法もあります。
ペットを納骨した後、定期的にお参りにいくなど面倒を見ることができれば良いですが、事情があり難しい方もいらっしゃいます。
後のことを考えて手間がかからないように、海や山林や空中など自然に還すという方法もあるので覚えておいてください。
ペット火葬業者によって対応している埋葬方法が違いますので、希望する埋葬方法があるか確認の上で依頼されることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA